HOME


 

最新情報

11月カレンダー 2022/09/06

≪各地のサークル・部会 11月例会、イベント≫ 
どなたでもご参加いただけます。お誘い合わせのうえお越しください。お待ちしています。※会場等使用状況により、変更の可能性もありますことをご了承ください。 11/
13(日)神奈川学力研 10時〜12時 県民サポートセンター(横浜駅西口)
    湯浅090-1104-4667
18(金)春日井学力研 18時〜   レディヤン春日井        
    山口080-6904-1697
18(金)神戸おもちゃばこ 19時〜 わくわくパスポート板宿
    深沢090-6664-3853
18(金)伊丹学力研  18時半〜  伊丹市役所横サイゼリヤ
    前田090-9715-3830
19(土)大阪教育サークルはやし  9時半〜正午 エルおおさか 
    荒井aik28501@bca.bai.ne.jp
25(金)いろえんぴつ(加印)   18時半〜 稲美町ふれあい交流館
    岸本090-9117-6330
26(土)みなみ学力研 9時半〜12時 阿倍野区民センター
    川岸080-4763-8124
オンライン開催のサークルには、参加方法を連絡先ににお尋ねください。

下記サークルも活動していますので、翌月以降の日程のお尋ね等はご連絡下さい。
○持ち方書き方研究会 ライン会議で行います。
日時や参加のしかたはご連絡を   前田090-9715-3830
○東大阪「ふじりんご」 19時〜   東大阪市文化創造館 岡本mipo2468@yahoo.co.jp
○さいたま学力研                        中田048-687-4725

≪全国キャラバン等 今後の予定 ≫
●学力研 冬のフォーラム 12/25(日)
  講演:𠮷永幸司氏(京都女子大付属小)   参加費 1000円
○先生のための学校(オンライン)【全6回】
10月 8日(土) 13時半〜15時【済】
11月12日(土) 13時半〜15時【済】
12月10日(土) 13時半〜15時
1月14日(土)  13時半〜15時
2月11日(土) 13時半〜15時   
3月11日(土) 13時半〜15時
〇学力研 1年生講座 11月26日(土) オンライン (詳細はメルマガ、「こくちーず」などで) (講師派遣希望、サークル情報などは 事務局へ fax:079-426-5133)

2022年度 1年生講座 2022/11/10

初めての方も大歓迎!!  参加費無料 オンライン講座です。
第9回  11月26日(土)  午後1時半〜2時半
講座内容
 算数 大きなかず
国語 「リズムカタカナ」で習熟を

 1年生もこの時期になると、いろいろなことができるようになり、頼もしくなってきます。でも、2年生に向けて、あらためて「読み書き計算」の力を確認する必要があります。
 初めての1年生担任の方、ベテランの方、どなたでも大歓迎です。
お申込みはこちらから

冬のフォーラム オンライン 2022/11/15

オンラインで開催する学力研「冬のフォーラム」です。
「学びに向かう」学校づくりへ〜「国語の授業」を中心に〜
13時〜15時45分
ヽ丙垢防蕕韻覆ぁ公立小学校へ
     深澤英雄:和歌山大学講師
学力づくりで学校づくり
      〜基礎基本の定着・学習規律・授業改善の3本柱〜 
     岡本美穂:学力研事務局長
「学びに向かう」学校づくりのために 
     講演:吉永幸司氏 
な振技娚惺擦鯤僂┐襦.灰皀鵑箸靴討粒惶蕕鼎り
     久保齋

  〜質疑応答〜
参加費:1000円 要事前振込 申し込みは こくちーずにて
★★★お願い★★★
当日は、申し込み時に入力した名前(本名・フルネーム)でご参加下さい。

第16期 先生のための学校 2022/09/06

学力研・先生のための学校(オンライン)
 毎年、行われている「先生のため学校」をオンラインで開催します。学力研メルマガ「まぐまぐの会 員なら、誰でも無料で参加できます。(会員外で参加されたい場合は、学力研のホー ムページ http://gakuryoku.infoをご覧いただき、ぜひ 入会してください。)
GIGA スクール構想下での授業づくり・学級づくり・学力づくり

第1回 10月8日(土)
第2回 11月12日(土)
第3回 12月10日(土)
第4回 2023年1月14日(土)
第5回 2月11日(土)
第6回 3月11日(土)


※ご希望の回をクリック下さい。こくちーずにて申し込みできます。

2022年11月号 2022/11/07

   よい香りのする教室  よい香りのする授業

 確かによい香りのする教室と、そうでない教室があります。何が違うのでしょうか。有り体に言うならば、それは「愛」なのです。子どもたちが先生を愛し、子どもたち同士が愛し合い、先生が子どもたちを愛している。そんな教室愛に満ちた教室では、子どもたちの発言やしぐさの一つひとつから愛のよい香りがして、参観者をここちよく、うっとりとさせて授業に引き込んでくれるのです。
 では、よい香りのする教室、教室愛に満ちた教室はどのようにしたらできるのでしょう。それはこういうことです。 子どもを愛することのできる教師は多い、しかし、子どもに「愛すること」を教えることのできる教師は少ないということです。(中略)学力づくり、授業づくり、学級づくりの中で、愛することを教えることこそ、現代日本の小学校教師にとって、最も大切な課題であり、営みではないでしょうか。
    久保齋『「愛すること」を教える授業づくり・学級づくり』(2015.1小学館)

 「11月危機」という言葉があるように、11月はどこかクラスが落ち着かなくなったり、子どもたちのやる気がなくなってしまったりと先生方にとってもしんどくなる時期ではないでしょうか。そんなときだからこそ、もう一度自分のやり方を見直すことが大切だと思います。そこで今月号では、危機を乗り切るための方法をたくさんご紹介します。